産業カウンセラー資格、キャリアコンサルタント講習、メンタルヘルス対策、カウンセリング等のサービスを提供

会員専用ページ

講座・研修情報

資格・検定

受付終了

2018年8月09日(木)より受付開始

立川(日)096コース_産業カウンセラー養成<通信>講座 2018年度

講師・指導者

協会認定指導者

開催日時

《 全15回 》

  • 2018年11月25日(日)  9:00~17:00
  • 2018年12月23日(日)  9:00~17:00
  • 2019年01月13日(日)  9:00~17:00
  • 2019年02月10日(日)  9:00~17:00
  • 2019年03月03日(日)  9:00~17:00
  • 2019年03月31日(日)  9:00~17:00
  • 2019年04月28日(日)  9:00~17:00
  • 2019年05月05日(日)  9:00~17:00
  • 2019年06月02日(日)  9:00~17:00
  • 2019年06月23日(日)  9:00~17:00
  • 2019年07月14日(日)  9:00~17:00
  • 2019年08月11日(日)  9:00~17:00
  • 2019年09月15日(日)  9:00~17:00
  • 2019年09月22日(日)  9:00~17:00
  • 2019年10月13日(日)  9:00~16:30

*開催期間:2018年11月1日(木)~2019年10月31日(木)です。
上記開講日程は、「面接実習」の開催日程となります。
*開講日初日の9:00~9:30は、オリエンテーションです。
*昼休憩は、各日1時間です。

講座コード

立川(日)096コース

定員

14 名

会場

東京西事務所研修室

アクセスマップ

費用(税込)

《会員》226,800円 《賛助会員》226,800円 《一般》226,800円
教材費込。*面接実習のための交通費・宿泊費は自己負担となります。*当講座は一般教育訓練給付制度指定講座です。(費用の内訳:入講料34,020円、受講費用 192,780円)

講座の内容・ねらい

●●●理論科目●●●
テキストを読み、下記19科目の添削問題(それぞれ7問)を解いて指定の期間内に提出します。提出回数は8回です。
(1)「カウンセリングとは何か
(2)傾聴の意義と技法
(3)カウンセリングのプロセスとトレーニング
(4)産業カウンセラーと産業カウンセリングのあゆみ
(5)カウンセリング理論の源流とその発展
(6)カウンセリングのさまざまな理論と方法
(7)こころとからだのメカニズム
(8)パーソナリティ心理学と心理アセスメント
(9)精神医学の基本
(10)産業組織の心理学
(11)コミュニケーションの基本
(12)産業社会の動向と働く意識の変化
(13)人事労務管理の基礎知識と人材マネジメントの現状
(14)労働法規の基本
(15)社会福祉関連法
(16)職場における人間関係開発・職場環境改善への支援
(17)職場におけるメンタルヘルス対策への支援
(18)キャリア形成への支援
(19)コンプライアンスと倫理
*テキストは、『産業カウンセリング―産業カウンセラー養成講座テキスト』およびサブテキストを使用します。

●●●演習科目●●● 
面接実習(104時間)に出席し、課題レポート3課題を指定の期日までに提出します。

対象者・受講資格

・産業カウンセラーを目指す受講開始時点で満20歳以上の方
受講約款(←PDFが開きます)および「個人情報のお取り扱いについて」(←PDFが開きます)
に同意していただける方
・講座期間中に通算104時間の実習に出席できる方

お申込み受付期間

2018年8月09日(木) 〜 2018年9月13日(木)    *8月9日より前の消印のお申込みは無効となります(受講料の振込みは有効です)。*定員に達した場合は期間内であっても受付を終了いたします。

お申込み方法

郵送もしくはウェブでのお申込みとなります。
詳しくは、「産業カウンセラー養成<通信>講座」特設ページをご覧ください。
*学費ローンをご利用の場合は、ウェブ申込みのみとなります。
*FAXでは受付けておりません。
*8月9日より前の消印のお申込みは無効となります(受講料の振込みは有効です)。
*定員に達した場合は期間内であっても受付を終了いたします。
申込み確認後3週間以内に受講確定のメールをお送りいたします。
11月1日に受講の手引き、教材等を発送します。
*キャンセルについては、受講約款をご覧ください。

お申込みの流れ

【講座の修了と資格】
1.すべての科目を履修することが必要です(選択制ではありません)。
1)理論科目 テキストを読み、19科目の添削問題を解いて指定の期間内に提出し、正答6割以上であることが必要です(正答6割未満の場合は再提出)。提出回数は8回です。
2)演習科目 面接実習104時間中92時間以上出席し、課題レポート3課題を指定の期日までに提出することが必要です。
(初日オリエンテーションの30分は104時間に含まれません)
3)面接実習にやむをえず欠席した場合は、24時間(4日間)を限度に補講を受けることによって、その受講時間を面接実習の出席時間とみなすことができます(補講料10,800円は別途必要となります)

2.本講座を修了された方は、産業カウンセラー試験の受験資格(学科・実技)が得られます。
実技能力評価制度に基づき、面接実習で一定の成績に達した場合、産業カウンセラー試験の実技試験免除を受けることができます。

【お申込みにあたっての留意事項】
◇本講座は、産業カウンセリングについてはじめて学ぶ方を対象としています。
◇講座は長期間にわたり、スクーリングもあります。
 心身の疾病で治療中等の場合は、必ず支部と主治医に相談し、書面による主治医の許可(診断書等)
 および講座受講に関する同意書をご提出ください。(本講座は講座の特質上、ご自分と向き合う内容もあります。現在通院・治療中など心身の健康について不安のある方は、必ず事前にご相談ください。状況によっては受講をお勧めいたしかねる場合もあります。)
  ※受講約款(←PDFが開きます)をご参照ください。
◇会場によっては、多目的トイレ、スロープがないなど、車椅子でのご利用が難しい場合もあります。
◇養成講座受講中は社会的ルールを守り、他者の人間尊重を図ること。養成講座内で知り得たことは、どのようなことでも外部(インターネット・メールを含む)に出すことを厳禁とします。
受講約款(←PDFが開きます)個人情報のお取り扱いについて(←PDFが開きます)をよくお読みいただき、同意のうえお申込みください。
◇受付は先着順です。郵送の場合はお電話で空き状況をご確認のうえ、お申込みされることをお勧めします。
詳しくは、「産業カウンセラー養成<通信>講座」特設ページでも募集状況をご確認いただけます。
◇同時にウェブと郵送両方など重複してお申込みをされた場合には無効といたします。
◇キャンセルされる場合の受講料返金等のお取扱いは
受講約款(←PDFが開きます)をご覧ください。
◇定員に満たない場合は開催されないことがあります。
◇申込み希望コースが定員に達していた場合はキャンセル待ちとなることをご連絡いたします。キャンセルが発生した時は随時受付順にご連絡いたします。キャンセル待ち期限は10月4日(木)までといたします。
◇定員を上回りお申込みをお受けできなかった場合、および開催中止の場合には、お支払いただいた受講料を全額返金いたします。
◇受講確定後に教室・コースの変更はできません。
◇面接実習日程の一部を他の会場に振り替えることはできません。
◇実習では逐語記録の作成(面接内容を録音、記録する実習)があり、その際に録音機材と提出用の記憶媒体(カセットテープ、SDカード等のいずれか)が必要となります。また、提出物作成にかかる印刷代は各自がご負担ください。
◇受講時間中にパソコン等のご利用はできません。
◇各会場へは公共の交通機関をご利用ください。宿泊、駐車場等が必要な方は各自でご手配ください。
◇全会場禁煙です。

お問い合わせ先

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 東京支部 養成講座部
Tel 03-6434-9130(代) Fax 03-5772-3053
mail : tok@counselor-tokyo.jp 受付時間:平日09:00-17:00