日本産業カウンセラー協会 東京支部

  • 第12回東京支部定時総会 ご案内
  • B-102職場における「がん治療と仕事の両立」支援スキルアップセミナー
  • KG-002★事前振込★月例研究会「これだけは知っておきたい!メンタルヘルスと食の関係」
  • 「聴き上手の第一歩講座」を開催します
  • 東京支部ADRセンターのご案内

フォームページが表示されない時は

2014年に暗号化通信の仕組みの一つである「SSL3.0」において深刻な脆弱性1)が報告されたことを受け、東京支部サイトもセキュリティを強化する対応を行いました。

この影響として、一部のお客様の環境で、下記のページが閲覧できなくなる可能性があります。

このような場合、お客様ご自身でブラウザの設定を変更していただくことで、引き続き安全に当サイトをご利用いただくことができます。

ブラウザの設定変更手順

Internet Explorer(IE) を例にご説明します。
詳しくはマイクロソフトのページ2)をご参照ください。

Internet Explorer で SSL 3.0 を無効にして、
TLS 1.0、TLS 1.1、および TLS 1.2 を有効にする

  1. Internet Explorer の [ツール]メニューの [インターネット オプション]をクリックします。
  2. [インターネット オプション]ダイアログ ボックスの [詳細設定]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ]カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する]チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および [TLS 1.2 の使用] チェック ボックスをオンにします(使用可能な場合)。
  4. 注:連続するバージョンを確認するのが重要です。連続するバージョンを選択しないと (例: TLS 1.0 および TLS 1.2 を選択し、TLS 1.1 を選択しないなど)、接続エラーが起こる可能性があります。
  5. [OK] をクリックします。
  6. 終了し、Internet Explorer を再起動します。

参考情報

  1. SSLv3 プロトコルに暗号化データを解読される脆弱性(POODLE 攻撃) (Japan Vulnerability Notes)
  2. マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3009008 (Micrsoft)